2013年02月20日

私:


桃太郎って昔話あるじゃん。鬼退治に行くやつ。
あれって、穏になった者達の居る島って考えると、要は流刑地なわけで、それを突如襲撃するというのは如何なものかと思うわけですよ。
彼らは流刑という刑を受けて服役しているわけで、そこに私人による私刑を執行するのはあまりといえばあまりじゃないかね。
例えばどっかの刑務所を襲撃して皆殺しにしたら、これは大事件ですよ。桃太郎事件ですよ。死刑の次に重い刑罰だったとしても、私人が殺していい理由にはならないわけですよ。
聖徳太子以来、法治国家として出発した国で人治主義的活動を容認するとしたら、思いつく理由はそう多くは無い。桃太郎が法律か、法律より偉いかだ。
プッチ神父の言うとおり、「人の法より神の法を尊ぶ」のなら、これは成立するはずだ。
また、対鬼兵器であるところの桃を起源に持つ以上、これはレゾンデートルの為の闘争であるとの見方も出来るだろう。「桃だから鬼に立ち向かう」これも成立するはずだ。
持ち帰った褒美は何かって言うと、そりゃぁ、前者は名誉と民間刑務所の利権だろう。後者はアイデンティティの確立という満足感じゃないかね。
神の法といえば、映画のsevenもそうだったな。
ジョン・ドゥだっけ?あの犯人は、神の法を世に知らしめる為に殺して回ったわけで、--ああ、死んでないのもいたかも、いや、全滅だっけ?まぁいいや--犠牲者は自分も含め殉教者だと思っている。
あれ以外の結末があるとしたら興味深いね。犯人が主人公に殺されなかったとしても、司法が裁いて絞首刑かホットシートか、精神鑑定に回されるかもしれないけど狂人ではないから無罪にはならないだろうね。
ジョン・ドゥは人の法で死んだら殉教者にはなれないので、天国には行けなくなる。勿論、七つの大罪を実現できないので、中途半端なごじゃっぺ野郎ということになり、もはや何がなんだかって感じだ。
あー、あと似たような時期にファイトクラブもあったな。
主人公のエドワード・ノートンがその昔、渋谷のNOVAで講師をしt

ユウ氏:すいませーん。一ノ蔵を二合お願いしまーす。

店員:ウェーイ!!

ユウ氏:飲む?

私:うん。

ユウ氏:じゃ、お猪口二つで。

店員:アッシャッシャシター!!!

−裏次郎
posted by アスタリスク at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

本件の言語化に対して、契機となった雪風に感謝する


口を開いた瞬間が一番面白いのだ。

話している時と話し終わった後というのは、その瞬間から見れば結果であるという点で全く同じである。つぶあんかこしあんか位の違いでしかない。勿論、この両者に大きな差異があると考えているなら、それはそれで結構。話している時と話し終わった後に大きな差異があると認める向きを、否定するつもりは毛ほども無い。ちなみに私はこしあん派だ。

本来は口を開く瞬間よりももっと前の段階にこそ、その真価真髄が潜んでいることは疑いようの無い事実であるが--時間認識と因果逆転の可能性については除外する--、これを認識できるのは主体にのみ限られ、恐らく様々な選択肢と可能性とが重なり合っている状態なのだろうと推測するに留まる。
早い話が、「私は彼ではないから彼の考えていることは分からない」。
しかしながら、口を開かなければその推測も徒労に終わる可能性がある。考えているのか、目を開けながら眠っているのかの判別が必要になる。目を開けながら何も考えていない場合も含まれる。目と口を開けながら寝ている人は然るべき人に相談しよう。医者とか。

口を開ける、声帯に空気を圧送する、筋肉により声帯を制御し、発声する。
このプロセスを経て意味が口から出た結果、「私は先ほどまで考えておりました」という意思表示に繋がるのだ。
何を話すのかは問題ではなく、何故それを話すのかだ。
上記の選択肢は考えられる全ての要因を引数にして導き出される。その前に何を話したか、何が起こったのか、話し相手は誰なのか、どういう状況なのか、昼なのか夜なのか、手元にあるのは焼酎なのか日本酒なのか、などなど。
これら導出のプロセスはそのまま、彼が世界に対してどのように認識しているのかを示しており、深井零大尉の「雪風は世界をどのように認識しているのか」という問いと寸分違わず一致している。

または、「導出のプロセスが存在していること」を理由に、「世界を認識しているものを知性と呼ぶ」と言い換えても良いのかも、しれない。

−裏次郎
posted by アスタリスク at 16:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

鬼も福も来い!(バチコーン!

寒中お見舞い申し上げました。
はい、市です!
2013年も一ヶ月過ぎてもう二月!
何で一ヶ月のヶはヶなんでしょうね!
そんなこんなで、
今年はですね、何となくいつかやろういつかやろうと思っていた事をドンドン消化していく年にしようと思っています。
手始めに車の免許かな、失効してるし…。
後はまぁ、ジト目黒髪ショートの女の子と…、
あ、こら!
豆をぶつけるな!
それに微妙に時期が遅いぞそれ!
ま、今年も平常運転!
こんな感じでよろしくお願いします!
posted by アスタリスク at 19:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。